スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガーSタイプ

1998年のバーミンガムショーで登場したジャガーSタイプ。

ジャガー Sタイプ


現在では、生産終了モデルとなったが、登場時XJが一手に受け持っていたサルーン系の新ラインとして、このクルマの注目度が決して低くなかった。

日本市場へも1999年6月に投入され、その後2002年7月には、他車に先駆け6速ATを投入、電気式パーキングブレーキなど先進的なメカニズムを投入したマイナーモデルチェンジを実施しました。同年9月には高性能版の「R」を加え、ラインナップの拡充を図りました。2003年度でみると、全世界におけるSタイプの販売実績で日本はドイツに次いで第4位だそうです(1位アメリカ、2位イギリス)。

最終モデルでは、主眼だったのはフェイスリフトで、フロントマスクのデザインが変更を受けたほか、リヤ回りの形状も手直しされている。さらにボンネットも従来のスチールからアルミに変えられ、前後重量配分もより適正化。またジャガーにとってラグジュアリーモデルの代名詞でもある「ソブリン」の名も復活するなどしています。

Sタイプは、市場での玉数は決して多くないものの、まだまだ人気がある車両ですね。

Sタイプの購入はコチラ
↓ ↓ ↓
【ジャガー価格.com】
スポンサーサイト

ジャガーX308型XJのスタイリングは古いでしょうか。

1994年デビューのX300型XJ、そして1997年10月モデルチェンジをしてX308型XJが誕生して以来、人気の落ちることのないモデルですね。

シャープで角目四灯だった1980年代のモデルから一転、クラシカルで丸みを帯びたスタイリングへと回帰し、丸目四灯のヘッドライトとそれを強調するボンネットの峰、シャープなスタイリングは、デビューから10年以上経つ今でも人気ですね。

そんな、ジャガーX308の購入を考えている方は、コチラ
↓ ↓ ↓
【ジャガー価格.com】

ジャガー Rパフォーマンスアカデミー開催

ジャガーが「Rパフォーマンスアカデミー」を開催するみたいです。
場所は、米国内のサーキットみたいです。

jaguar_xkr_2010_opt_18_opt[1]


『XKR』と『XFR』の顧客を対象に、その高性能を引き出す運転技術を伝授する講習会みたいなものらしいです。

2009年1月のデトロイトモーターショーで、『XKR』と『XFR』を発表して、「XKシリーズ」と「XFシリーズ」の頂点に立つ両車は、

新開発の直噴5.0リットルV8スーパーチャージャー(510ps)
0-96km/h加速4.6 - 4.7秒

というパフォーマンスがでます。

Rパフォーマンスアカデミーは、米国でXKRとXFRを購入した顧客を無料招待するみたいです。

1泊2日の日程で、ブリーフィングに始まり、加速、ブレーキ(ABSの有無)、緊急レーンチェンジ、スラローム、サーキット走行などのメニューが用意されています。

第1回は12月1日、マイアミスピードウェイで開催。その後、ラスベガス、ニューヨーク、カリフォルニアなどで実施されます。

参加したい方は、是非アメリカへ。。。

日本で、」そんなXKを安く購入したい方は「ジャガー価格.com」へ
↓ ↓ ↓
ジャガーXKは「ジャガー価格.com」へ

XFってあまり見ないですよね。。。

ジャガーの4ドアセダン、ジャガーXFは人気があるのでしょうか。

jaguar-xf[1]


ジャガーXFは、メルセデスEクラスやBMW5シリーズ、アウディA6、レクサスGSなどの人気モデルが属するセグメントの対抗馬ですね。

フォーマルな4ドアセダンのライバルモデルとは異なり、スポーツカーのようなスタイリングと革新的なインテリアを特長とし、「スペシャリティ4ドアクーペ」という独自のスタンスでライバルに対抗しています。

ジャガー XFのボディサイズは4961x1877x1460mm(全長x全幅x全高)、ホイールベース2909mm。同クラスの中でもやや大柄なアウディA6に比べても、全長で45mm、全幅で25mmさらに長く幅広い作りとなっています。

街ではあまり見ませんがディーラーで売られているという事は、少なからずともほしい方はいるはずです。少ない車両ほど探すのが大変ですが、ジャガー価格.comなら程度の良いXFが探せます。
是非、是非。。。どうぞ。

XFをお探しの方はコチラ
↓ ↓ ↓
ジャガーXFをお探しの方は、「ジャガー価格.com」

今更ですが、新型XJのお話

遅い話題ですが、ジャガーXJが発表になりましたね。大分変わりましたね。

20090823_661194[1]

賛否両論あると思いますが、まぁ今風の外車っぽいスタイリングになりました。
なんと、新型のショートボディは現行型よりボディが大きいのにも関わらず約150kgも軽くなっているらしいです。
速そうですね。

ジャガー伝統の丸め4灯がなくなっって寂しい気もしますが、見慣れれば格好良く見えてくるのではないでしょうか。。。

【グレード】
ベーシック・グレード
■ラグジュアリー(3.0V6ディーゼルのみ)
中間グレード
■プレミアムラグジュアリー(3.0V6ディーゼルとNA5.0V8ガソリン)
上級グレード
■ポートフォリオ(3.0V6ディーゼルとNA5.0V8ガソリン、470ps仕様のSC付き5.0V8ガソリン)
最上級グレード
スーパースポーツ(3.0V6ディーゼルと510ps仕様のSC付き5.0V8ガソリン)
(レザールーフライニングやセミアニリン・レザーシートなどが標準装備)

※全グレードに標準ホイールベース車とロングホイールベース車が用意

【ボディサイズ】
■標準ホイールベース車
全長5122mm 全幅1894mm 全高1448mm
■ロングホイールベース車
全長5247mm(+125mm) 全幅1894mm 全高1448mm

先代モデル比
全長+31mm
全幅-4mm
全高-14mm

ホイールベース
■標準ホイールベース車
3032mm
■ロングホイールベース車
3157mm(+125mm)

先代モデル比
-2mm

【パワーユニット】
ガソリン・エンジン
■自然吸気5.0リッターV8DOHC
最高出力:385ps/6500r.p.m.
最大トルク:52.5kg-m/3500r.p.m.

■スーパーチャージャー付き5.0リッターV8DOHC
最高出力:470ps/6000~6500r.p.m.
最大トルク:58.6kg-m/2500~5500r.p.m.

■スーパーチャージャー付き5.0リッターV8DOHC
最高出力:510ps/6000~6500r.p.m.
最大トルク:63.7kg-m/2500~5500r.p.m.

ディーゼル
■3.0リッターV6DOHCシーケンシャルツインターボ
最高出力:275ps/4000r.p.m.
最大トルク:61.2kg-m/2000r.p.m.

【トランスミッション】
全エンジンにパドルシフト付き6A/T(既存の6A/Tをベースに改良)
スムーズな変速と高効率を実現

0~100km/h:自然吸気5.0V8搭載モデル⇒5.7秒
0~100km/h:470ps仕様のSC付き5.0V8搭載モデル⇒5.2秒
0~100km/h:510ps仕様のSC付き5.0V8搭載モデル⇒4.9秒
0~100km/h:3.0V6ディーゼル搭載モデル⇒6.4秒
最高速度:全車250km/h(リミッター作動)

らしいです。ご参考までに。。。

ジャガーを安くお乗りになりたい方はコチラ
↓ ↓ ↓
ジャガーの事なら【ジャガー価格.com】
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。